ニュース | ムービーラインナップ

興行収入44.1億円 262万人動員突破!『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』4/19(金)より入場者プレゼント第13弾コマフィルムvol.1~3(復刻ver.)に決定!「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ グランプリ2024」グランプリビジュアル公開!福田監督からのコメントも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月26日(金)より公開された「SEEDシリーズ」最新作『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』は、ガンダムシリーズ劇場公開作品の中でNo.1の興行収入を更新し、公開から80日間で興行収入44.1億円、観客動員262万人を記録
2週連続で開催された大ヒット御礼スタッフトーク上映会では、3DCGの制作手順から完成に至るまでの秘話が披露され、大盛り上がりのイベントとなりました。開催後、SNSでは「制作の面から濃い話を聞けて楽しかった」「新しい切り口で鑑賞できる制作秘話最高…!」「こんな裏話聞いたらまた見に行きたくなる!」などリピート鑑賞を推奨する声が多数寄せられています。

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』興行成績

累計(80日間):観客動員:2,623,360人 / 興行収入:4,412,803,770円

4/19(金)より週替わり入場者プレゼント第13弾『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』コマフィルムvol.1~3(復刻ver.)をプレゼント!

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』の週替わり入場者プレゼント第13弾として、これまで第3弾、第12弾、4DX・MX4D・Dolby Cinema上映の入場者プレゼントで配布した「コマフィルムvol.1~3」の再配布が決定!今回は、厳選したコマフィルムを“復刻ver.”として、ランダム配布いたします!

■入場者プレゼント第13弾内容

『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』コマフィルム vol.1~3(復刻ver.)/(絵柄ランダム)

■配布期間
4月19日(金)~4月25日(木)

※数量限定のため、なくなり次第終了となります。

※画像はイメージです。
※週替わり入場者プレゼント第3弾(2/9(金)~)「コマフィルムvol.1」、4DX・MX4D・Dolby Cinema上映 入場者プレゼント(2/9(金)~)「コマフィルムvol.2」、週替わり入場者プレゼント第12弾(4/12(金)~)「コマフィルムvol.3」から厳選したフィルムの再配布となります。
※フィルムは映画本編のシーンを編集し、実際の映画用フィルム(現在はデジタル化に伴い使用されていません)に現像して制作しております。
※フィルムの特性上、非常に多くの絵柄がございます。フィルムの絵柄は選べません。
※お一人様一回のご鑑賞につき、入場者プレゼントを1つお渡しします。
※通常上映、4DX上映・MX4D上映・Dolby Cinema上映など全上映形態共通の入場者プレゼントとなります。
※チケット購入特典ではございません。配布に関する特別な指定がある場合を除き、ご入場を伴わない配布はお断りさせて頂きます。
※特典の切り替わり前日24:00を過ぎた上映でも、営業が終了するまでは切り替わりません。
※特典制作段階で生じる微細なスレや色ムラ、納品配布時に生じる軽微なシワやキズなど、ビジュアルイメージを損なわない差異が理由による特典の返品交換はお受けできません。
※特典は非売品です。転売はご遠慮ください。

人気投票企画「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ グランプリ2024」グランプリビジュアル2024が公開!監督からのコメントも到着!

2 月5 日(月)から2 月25 日(日)に投票を行った人気投票企画「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ グランプリ2024」において、第1位から第3位にランクインしたキャラクターとMSを描き下ろした「グランプリビジュアル2024」が公開!
キャラクター部門は第1位に輝いたカガリ・ユラ・アスハに続き、第2位、第3位にランクインした、キラ・ヤマト、ラクス・クラインが描かれ、MS・MA部門は第1位に輝いたフリーダムガンダムに続き、第2位、第3位にランクインした、マイティーストライクフリーダムガンダム、デスティニーガンダムSpecⅡが描かれた特別なビジュアルになっております。
こちらのビジュアルを使用した商品化も予定しておりますので、続報をお楽しみに!

さらに、本企画の最終結果を受けて福田己津央監督からコメントも到着!こちらもお見逃しなく!

タイ上映舞台挨拶イベント「『Mobile Suit Gundam SEED FREEDOM』 Thank You Screening」レポート!

4月6日(土)にタイのバンコクで『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』の上映舞台挨拶イベント「『Mobile Suit Gundam SEED FREEDOM』 Thank You Screening」が開催されました!
イベント前半では、タイの吹き替えキャストとして、アスラン・ザラ役を務めたイティポン・マーミーゲートさん、シン・アスカ役を務めたタナグリット・ジェンクローンタムさん、オルフェ・ラム・タオ役を務めたプベート・パットプリチャーさんが登壇し、トークショーが行われました。中でも、キャラクターの声での『SEED FREEDOM』のタイトルコールでは、大きな盛り上がりを見せました。
イベント後半では、福田己津央監督と仲寿和プロデューサーが登壇し、タイのファンの方々に向けて、本作を制作する上での思いや裏話などを振り返り。
会場にはコスプレをしたファンや、自作のキャラクターグッズを持っているファンも多く見受けられ、キャラクター人気が非常に高いことが伺えました。
『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』の勢いは、日本国内にとどまらず、様々な国と地域にも広がっております!
今後の海外展開にも、ご注目ください!

■STORY
C.E.75、戦いはまだ続いていた。
デュランダル議長の死により、デスティニープランは消滅したが、同時に大戦終結後の世界を安定させる指標は失われた。
各地で独立運動が起こり、ブルーコスモスによる侵攻はくり返され、人々はさらなる戦乱と不安の最中にあった。
事態を沈静化するべく、ラクスを初代総裁とする世界平和監視機構・コンパスが創設され、キラたちはその一員として、各地の戦闘に介入する。
そんな折、ユーラシア連邦からの独立を果たした国ファウンデーションから要請があった。ブルーコスモス本拠地へのコンパス出動を求めるものだ。
要請を受け、キラたちはラクスを伴い、ファウンデーションへ向かう。

■CAST
キラ・ヤマト:保志総一朗 / ラクス・クライン:田中理恵 /アスラン・ザラ:石田 彰 / カガリ・ユラ・アスハ:森なな子 / シン・アスカ:鈴村健一 / ルナマリア・ホーク:坂本真綾 / メイリン・ホーク:折笠富美子 /マリュー・ラミアス:三石琴乃 / ムウ・ラ・フラガ:子安武人 /イザーク・ジュール:関 智一 / ディアッカ・エルスマン:笹沼 晃 /アグネス・ギーベンラート:桑島法子 / トーヤ・マシマ:佐倉綾音 /アレクセイ・コノエ:大塚芳忠 / アルバート・ハインライン:福山 潤 /ヒルダ・ハーケン:根谷美智子 / ヘルベルト・フォン・ラインハルト:楠 大典 / マーズ・シメオン:諏訪部順一 /アウラ・マハ・ハイバル:田村ゆかり / オルフェ・ラム・タオ:下野 紘 / シュラ・サーペンタイン:中村悠一 /イングリット・トラドール:上坂すみれ /リデラード・トラドール:福圓美里 / ダニエル・ハルパー:松岡禎丞 / リュー・シェンチアン:利根健太朗 / グリフィン・アルバレスト:森崎ウィン /ギルバート・デュランダル:池田秀一

■STAFF
企画・制作:サンライズ / 原作:矢立 肇、富野由悠季 /監督:福田己津央 / 脚本:両澤千晶、後藤リウ、福田己津央 / キャラクターデザイン:平井久司 /メカニカルデザイン:大河原邦男、山根公利、宮武一貴、阿久津潤一、新谷 学、禅芝、射尾卓弥、大河広行 /メカニカルアニメーションディレクター:重田 智 / 色彩設計:長尾朱美 / 美術監督:池田繁美、丸山由紀子 /CGディレクター:佐藤光裕、櫛田健介、藤江智洋 / モニターワークス:田村あず紗、影山慈郎 /撮影監督:葛山剛士、豊岡茂紀 / 編集:野尻由紀子 / 音響監督:藤野貞義 / 音楽:佐橋俊彦
主題歌:西川貴教 with t.komuro 「FREEDOM」 / エンディングテーマ:See-Saw 「去り際のロマンティクス」
製作 バンダイナムコフィルムワークス
配給 バンダイナムコフィルムワークス、松竹 


▼劇場版『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』公式サイト
https://www.gundam-seed.net/freedomg-witch.net
▼『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』公式X(旧Twitter)
https://twitter.com/SEED_HDRP
▼ガンダムチャンネル
https://www.youtube.com/c/GUNDAM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース

© Bandai Namco Filmworks Inc. All Rights Reserved.